pm2は、Node.jsのWebアプリケーションをデーモン化し、クラッシュしたときに再起動してくれたり、CPUコア数に応じてインスタンスの数を調整してくれます。

先日セットアップしたNode-REDをpm2経由で起動させてみようと思います。

インストール

npmでインストールします。

$ sudo npm install -g pm2

pm2を利用して、node-redを起動してみます。

$ pm2 start /usr/local/bin/node-red

node-redの自動起動

サーバーが起動したとき、pm2も自動起動するように設定します。

$ pm2 startup

すると、正しいコマンドはこうだよと教えてくれます。

そのままコピペします。
UserNameは、ログインしているアカウントのものになります。)

sudo env PATH=$PATH:/usr/local/bin /usr/local/lib/node_modules/pm2/bin/pm2 startup systemd -u UserName --hp /home/UserName

今起動しているアプリで自動起動させるため、この状態を保存します。

$ pm2 save

自動起動の確認

これで設定は完了です。サーバーを再起動してみてください。

うまくnode-redが起動できているかは、

$ pm2 list

で確認できます。こんな感じで表示されます。

前回:Node-REDのインストール

カテゴリー: linuxServer

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください