先日、MariaDBをインストールしたとき、エラーとなってしまう事がありました。

インストールのコマンド

$ sudo apt install -y mariadb-server

エラーの内容は下の通り。

ERROR 1045 (28000): Access denied for user ‘root’@‘localhost’ (using password: NO)

このあとは、なぜかmariadb-client辺りの依存関係が壊れたみたいで、apt remove —purgeでアンインストールもできなくなってしまいました。

 

とりあえず、依存関係を直すために、dpkgコマンド。

$ sudo dpkg --configure -a

そして、MariaDBを再インストール

$ sudo apt remove —purge  -y mariadb-server

$ sudo apt install -y mariadb-server

ERROR 1045が出ても無視してインストールを進めます。

インストールが終わったら、セーフモードでMariaDBを起動させます。

$ sudo service mysql stop

$ sudo mysqld_safe --skip-grant-tables

 

 他のターミナルに切り替えて、rootのパスワードを設定します。

$ mysql -u root -p

MariaDB> update mysql.user set password=password(‘rootのパスワード') where user = 'root';
MariaDB>exit;

MariaDBを通常モードで起動すれば完了です。

セーフモードで動いているターミナルで、Ctrl+C。その後startさせる。

$ sudo service mysqld start
カテゴリー: linuxServer

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください