出先から、家のリソースを使用するため、VPNを設定しました。

 

準備

ソースからコンパイルをするため、gccとmakeを入れておきます。

Sudo apt-get install gcc make

SoftEther VPNのインストール

下記のベージから、SoftEther VPNのソースをダウンロードします。

https://ja.softether.org/5-download

ダウンロードしたファイルを解凍します。

$ tar -xvf softether-vpnserver-(version).tar.gz
$ cd vpnserver

コンパイルして、完了したらディレクトリから抜けます。

$ make
$ cd ..

/usr/local/にvpnserverディレクトリを移動します。

$ sudo mv vpnserver/ /usr/local/

パーミッションを変更します。

$ cd /usr/local/vpnserver/
$ sudo chmod 600 *
$ sudo chmod 700 vpncmd vpnserver

自動起動するようにデーモン化します。

$ sudo nano /etc/systemd/system/vpnserver.service


— [ vpnserver.serviceの内容 ] --
[Unit]
Description=SoftEther VPN Server
After=network.target network-online.target


[Service]
ExecStart=/usr/local/vpnserver/vpnserver start
ExecStop=/usr/local/vpnserver/vpnserver stop
Type=forking
RestartSec=3s


[Install]
WantedBy=multi-user.target
----

作成したデーモンを読み込みます。

$ sudo systemctl daemon-reload

Softether VPN Serverを有効にし、起動します。

$ sudo systemctl enable vpnserver.service
$ sudo systemctl start vpnserver.service

SoftEther VPNの設定

vpncmdを起動します。

$ sudo cd /usr/local/vpnserver/
$ sudo ./vpncmd  (3つ質問がありますが、すべて「1」で答えます。)

1.の「VPN Server または VPN Bridge の管理」を選択します。

Vpncmd 1

vpncmdで接続するvpn serverのアドレスを入力為ます。ここでは自端末になりデフォルトのままなので、何も入力せずEnterを押します。

Vpncmd 2

HUBもデフォルトなので、Enterを押します。

Vpncmd 3

管理者パスワードを変更します。

VPN server> ServerPasswordSet

ユーザーを追加します。

まずは、ハブの選択。

VPN Server>Hub DEFAULT

グループの作成

VPN Server/DEFAULT>GroupCreate
GroupCreate command - Create Group
Group Name: default
Group Full Name: default
Group Description: default

The command completed successfully.

ユーザーを作成

VPN Server/DEFAULT>UserCreate
UserCreate command - Create User
User Name: (ユーザ名)

Assigned Group Name: default
User Full Name: (フルネーム)
User Description: (説明)

The command completed successfully.

ユーザーのパスワードを設定します。

VPN Server/DEFAULT>UserPasswordSet
UserPasswordSet command - Set Password Authentication for User Auth Type and Set Password
User Name: (ユーザ名)

Please enter the password. To cancel press the Ctrl+D key.

Password: *******************
Confirm input: *******************

The command completed successfully.

ルーターの設定

SoftEther VPNでは、3つのポートを使用します。

  • 500
  • 4500
  • 1701

外からアクセスできるように、このポートを解放します。

ルーターの設定になりますが、ポートマッピングで3つのポートに来たパケットを、SoftEtherのサーバーに転送します。

Router ports

VPNの接続確認

iPhone

VPNの接続設定は[ 設定 > 一般 > VPN ]にある「VPN構成を追加…」から設定します。

IPhoneSetting VPN

右上の[完了]で設定を保存したら、VPNを有効にしてみてください。

macOS

[ システム環境設定 > ネットワーク ]を開き、VPNの構成を行います。

「+」からVPNの設定を追加します。

MacOSSetting VPN 1

VPN Serverのアドレスと、設定したユーザー名を入力します。その後、設定設定をクリックします。

MacOSSetting VPN 2

そのユーザーのパスワードと、共通鍵を入力します。

MacOSSetting VPN 3

入力が終わったら、「適用」を押し設定を保存します。

MacOSSetting VPN 4

保存したら、「接続」を押してテストしてみてください。

MacOSSetting VPN 5

カテゴリー: linuxServer

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください