無償版のESXi 6.5を、6.5update2にアップデートしたときのメモです。

まずは、パッチを準備します。

パッチをダウンロードしるため、MyVMwareにログインしてください。

MyVMware: https://my.vmware.com/jp/

製品メニューから[製品パッチ]を選びます。

1

 

ESXi(Embedded and Installable)の6.5.0で、フィルタをかけます。

2

 

ヒットしたパッチをダウンロードします。

3

 

ダウンロードしたパッチは、ESXiのデータストアにアップロードしておきます。

ストレージからデータストアブラウザを開きます。

4

 

[アップロード]から、パッチを上げます。

5

 

パッチの準備ができたら、VMをすべて停止にします。

SSHからパッチを当てるので、ホストのSSHを有効にします。

6

 

sshでESXiにログインして、パッチをインストールしていくのですが、1つのパッチを当てるのに[ profileの確認 -> パッチのインストール ]と2つの作業を行います。

今回は、update1 -> update2と順番にインストールしたので、最初にupdate1のprofileを確認します。

profileの確認はesxcliコマンドで行います。

esxcli software sources profile list -d /vmfs/volumes/datastore/update-from-esxi6.5-6.5_update01.zip

出て来た結果のNameがprofileです。「standard」とあるモノをコピーします。

7

次に、update1をインストールするため、esxcliコマンドを打つのですが、前に調べたprofileを赤字の部分に入れます。

esxcli software profile update -p ESXi-6.5.0-20170702001-standard -d /vmfs/volumes/datastore/update-from-esxi6.5-6.5_update01.zip

 

同じ事をupdate2のパッチでも行い、完了です。

カテゴリー: Server

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください