先日セットアップしたRedmineが、結構使えそうなので、簡単に使い方のメモ。

まず、覚える用語として、3つ。

  • チケット(タスクの事)
  • ガントチャート
  • 作業時間

最初にチケットを作成します。チケットには、担当者や、期日、親チケット(タスク)などを入力できます。細かい単位でドンドン作りましょう。

Redmine use 1

チケットを作成すると、ガントチャートが自動で出来ています。

Redmine use 2

各チケットをクリックすると詳細が表示され、進捗率など変更できます。

また、チケットに対し、作業した時間を記録するには、「時間を記録」とします。

Redmine use 3

ログインしているユーザーが、どのくらいこのチケットに対し作業したかを入力します。コメントを入力すれば、その時気づいた事を簡単に残せます。

ただし、チケットの進捗率は変更されません。作業した事と進む事は別という事でしょう。

Redmine use 4

 

 

カテゴリー: linuxWebサービス

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください