ESXiのバージョン

6.5

問題

ESXiでは実際の物理NICの上に複数の仮想NICを作成し、仮想PCなどには、この仮想NICが割り当てられます。

ESXiのWebコンソールのアクセスも、この仮想NICにアクセスして操作をします。

複数のESXiを運用するとき、ESXiへアクセスするための「vmk0」というNICに割り当てられている、MACアドレスがダブってしまうときがあります。

原因

ESXiをインストールしたディスクやUSBメモリをクローンした

解決策

vmk0を再作成する事で、vmk0のMACアドレスを変更します。

  1. ESXiのサーバーのコンソールにログイン。
  2. Alt+F1で、コマンドプロンプトに。
  3. 下記のコマンドを入力し、”vmk0”を削除。

    esxcfg-vmknic -d -p “Management Network”

  4. 下記のコマンドで、“Vmk0”を再作成。(IPをDHCPで取得したい場合も、一度適当にIPを振り、後からDHCPに変更します)

    esxcfg-vmknic -a -i 192.168.xx.xx -n 255.255.255.0 -p “Management Network”

  5. ESXiを再起動
カテゴリー: Server

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください