と言うわけで、TurboLinuxを再インストールしたんですけど2回もやっちゃいました。
なぜ、やり直したかというと、CD-ROMからのインストールが終わった後、turboアップデートを行ったら、動作がメッチャ遅い。
マウス右クリックしてから、メニュー表示されるまで、15秒もかかる。(`ヘ´) プンプン。
普通に更新しただけなのに、なんで遅くなってしまうかなぁ。全然分かりません。
ただ、一つだけ気になったのが、PCの電源を入れたとき、cupsdの起動時間がかなり長くなっているという事。
cupsdって、プリントデーモンだよね...。何か一生懸命処理してたのかしら...。オイラの気づいていないところで、良いことを?縁の下の力持ち?
でも、あの遅さには我慢できないので、また再インストールしちゃいました。しかも、物理フォーマット付き♪
その後は、gaimを入れたり、operaを入れたり、順調に進み、元の環境に戻りました。
今度、おかしくなったときのために、イメージを取っておこうかな...(ボソ)

カテゴリー: linux

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください