IoTにはMQTTというプロトコルがあり、データ量を少なくして通信できるそうなので、サンプルを作ってみようと思います。

センサー側(Publisher)はArduinoで。

受け取り側(Subscriber)は、いろいろライブラリが出ているようですが、Node-REDを使ってみようと思います。

Node-REDは、Node.js上で動くので、まずはNode.jsを入れなくちゃなぁと思っていたら、こちらの記事で、インストール方法が載ってました。

Ubuntuに最新のNode.jsを難なくインストールする

Node-REDのインストールは、公式マニュアルで。

Redmine 3.4をUbuntu Server 16.04.2 LTSにインストールする手順 | Redmine.JP Blog 

このままコマンドを打てば、Node-REDまでインストールできちゃいます。

smtpの設定(configuration.yml)は、こちらから。

メールの設定例 – Redmineガイド

 

次回:pm2でnode-redを起動

カテゴリー: linuxServer

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください